走り続けて

充電中

ソーラーチャージャーの第三弾!
携帯電話を充電しているところです。
こんな感じで接続するだけです。

ちょいと実験してみて解ったことは、
携帯電話とかに充電しているときは、
写真のように、本体のLEDは赤く点灯します。

逆に本体内のリチウム電池を充電しているときは、
LEDは緑に光ります。

本体を分解してみたところ、
内部には、小さな基板が実装されていて、
内蔵の電池を充電する回路と、外部の接続機器を充電するとき、
電池電圧の3.7Vを5Vに昇圧する回路が組み込まれています。
一昔前は、電圧を昇圧する回路は、降圧する回路に比べて複雑だったんですけど、
携帯機器の普及のためか、コンパクトに構成されています。
細かいことを言えば、
このあたりの回路の効率が、充放電特性や時間に影響します。

昼間、ガラス越しの直射日光に太陽電池のパネル面をかざしてみたところ、
5V近くの電圧が、太陽電池の出力で測定できました。
光の照射に対して、垂直の時が一番電圧が高く出て、
影を作ると、電圧は落ちます。

太陽光からの充電は、おてんとう様次第ですけど、
予備のバッテリーって考えただけでも、充分こいつは使えます。
スポンサーサイト

光のパワーで電源確保

ソーラーチャージャーのパート2です。
今回は、週末良く秋葉原にパソコンの部品を買いに行く後輩にお願いして、
前回の物より電源容量の大きいソーラーチャージャーを手に入れました。

sora2.jpg

写真中央の青い奴が本体。
右下はAC100VからUSBの電圧(DC5V系)への変換器。
左のケーブルは、変換器から本体内蔵のリチウム電池を充電するためのもの。
直接miniUSBへ電源供給することも可能です。

右のケーブルは、本体から携帯やGPSを充電するためのもので、
上の二つのアダプタを充電するものによって差し替えます。

もちろん本体の前面は太陽電池が取り付けられているんで、
太陽光から充電することも出来ます。

本体内蔵のリチウム電池は1280mAhなので、満充電状態なら
携帯電話が1.5回程度充電できる計算となります。

どんなものかとネットで検索してみると、
http://store.shopping.yahoo.co.jp/adhoc/gech1018.html
に掲載されている商品が類似しています。
こちらのモデルは改良版みたいで、少しだけ大きくなって、
電池容量も、さらにUPしています。

実際に携帯とGPSに接続してみた感じでは、
容量UPしてるんで、いい感じです。
ケーブル類は自作かなって考えていたんですけど、
用途にピッタリのものが付属されていたんで、そのまま使用可能。
お値段の方も¥2,000でおつりがきたんで、満足してます。

ソーラーチャージeco

太陽電池で内臓されたリチウム電池を充電して、
その電池から携帯電話の電池を充電するものです。
img10063437711.jpg
写真のように、携帯電話の充電器からも充電することが出来ます。

ネットの広告で見ていたものが、
近所のドンキホーテで販売されていたんで、購入しました。
太陽電池と内臓の電池容量から、
空になった携帯の電池をフル充電する能力はありませんが、
そこそこまでは充電できるみたいです。

とりあえず、こいつは小手調べで、
企んでいるのは、先に購入したGPSを太陽電池で駆動すること。
レーダー探知器に使用されている太陽電池よりも、能力のあるやつを見つけて
なんとかしようって検討中です!

出来たかな?

さて、ブログにGPSの軌跡をGoogle MAPで表示できたかな?
リンクの貼り付けまでは出来たようなんだけど・・・


大きな地図で見る

なんとか完成したようです。
先にブログに記事をアップしてくれた皆さんのおかげですね。

まだ、ここまで

GPSロガーが手元に届いて、
調べ物しながら、色々といじってるんだけど、
今日現在では、JPEG画像の貼り付けまで。
先にGPSで、あれこれこれやり始めただめオヂさんにヒントをもらって、
FTPまでは、なんとか行くんだけど、何かエラーが残っているような・・・。

そんな状態なんで、選定理由と設定について、ちょっと書いて見ます。
自分の場合は、簡易タイプが候補となって、走行軌跡がログ出来ればOK。
それで、軌跡をGoogle Mapsに貼り付けて、ブログやHPにアップするのが目的。
ネットで調べてみると、出来そうなんだけど、ちょっと複雑っぽい感じ。
そんなもんだから、付属のソフトも使いやすいほうがいいかなって。

いじったことない人のために、どんな設定があるのかなって言うと、
ログ間隔の設定。これは、有るよなって感じだけど、
使用する国によって、GPSの精度をよくするための設定とか、
最低移動速度以下、最高移動速度以上ではログを取らない設定とか、
時間に関係なく進行角度が設定を超えたらログを取るとか、
使い勝手を考えた設定が結構有ります。

販売元で取説やソフトの説明書がダウンロードできるものもあるんで、
購入を検討している方は、探してみると良いと思いますよ。
だけど、説明書読んだだけじゃ、なかなか理解できないんで、
とりあえず買って触ってみるのが、使いこなす近道かもしれません。

FC2Ad