走り続けて

七入キャンプ

今月は絶好調。
GWの北海道、先週の上高地に続いて今回は尾瀬。
大好きなところを連続制覇。

車をはじめ、税金の請求書が届き財政的にはなんですが、遊べるときには遊ばないと。
天気予報に後押しされ出撃です。

今回は、土曜日に尾瀬の福島県側入口まで行ってキャンプ。
翌日の日曜日に尾瀬沼ハイクを楽しむ作戦。

行きは高速代を節約して下道を利用。
塩原温泉を過ぎれば快適な道が続く。

会津に入って、岩の山肌に咲くツツジをパチリ。
山ツツジが満開の季節ももうすぐか?



こちらは檜枝岐に入ったあたりか?
国道脇のパーキングに止めて、岩場の川の水が綺麗。

o2.jpg

まずは、キャンプ場でテントを設営しようと到着すると、管理人さん不在。
キャンプ場利用人数と車,バイクの値段設定なんで、お一人様には嬉しい料金。
携帯も圏外だし、そのうち来るかなって設営。

o25.jpg

撤収を考えて今回もトレックライズの標準フライ。
小梨平同様に川のほとりに陣取った。

o3.jpg

川の様子は写真のとおり。
寝床を整えて温泉へ。

o4.jpg

来た道を少し戻って燧の湯。
内湯と露天の両方を味わってビールの待つキャンプ場へ。
今度は管理人さんが居たんで受付完了。

o5.jpg

今回も活躍チャコスタ小。
日が暮れると気温もぐっと下がるんで炭ボウボウ。

o6.jpg

夕飯は簡単暖めるだけ。
何回かキャンプで食べているイカ飯。

o7.jpg

お次は角煮。
どちらも暖めるだけだけど、いい味出してる。
量も一人にピッタリだし有効に利用しないと。

o8.jpg

〆はカップワンタン。
こいつはお湯を注ぐだけ。

o9.jpg

篝火灯して、炭が燃え尽きそうなところで就寝。

o10.jpg

翌朝、起床は5時少し前。
キャンプ場は奥に長いサイトの形状。

o11.jpg

水場には洗剤にたわし,スポンジも用意されていた。
ゴミも捨てられるし、いいキャンプ場ってのが印象。
ずっと前に来た時は国道を挟んで、今は駐車場になっているところがサイトだった記録がある。

o12.jpg

御池から沼山峠のバスは6時発狙い。
時間があったから、国道を少し戻って看板が設置されているところでパチリ。

o13.jpg

途中のモーカケの滝にも立ち寄り。

o14.jpg

尾瀬ハイクの様子は次回のネタとして、シャトルバスで沼山峠から御池へ。

o15.jpg

帰り道の苔モフモフの滝。
一機に水が落下する滝も迫力あるけど、絵的にはこの滝がお気に入り!

o16.jpg

ブナの原生林なんかも見所たっぷりで、尾瀬に行かなくてもキャンツーの拠点として、かなりポイント高いところです。
スポンサーサイト

FC2Ad