走り続けて

2013年夏 北海道 南富良野~小樽

かなやま湖キャンプ場での朝御飯。
バランスを考えてサラダ付。



幸いなことに、雨に降られることなく乾燥撤収できちゃった。
黄色の建物は道を隔てたお風呂の施設。

雨雲を避ける作戦で、日高回りの構想。
占冠に向けて出発。
反対側の湖畔にあるラベンダー畑、見に行けば良かったって後悔がちょっと・・・

9mo2.jpg

何かと天候に振り回された今回のキャンツー。
思いっきり降られたのは、到着日と上富良野~帯広に向かった高速一区間。
それ以外は霧雨とか小降り程度で回避できた。

雨でも以外と大丈夫だったグラブ。
工具販売店アストロプロダクツの整備用グラブ。
お値段安めながら、薄手のネオプレーン素材で手の平側はレザーのような素材でできている。
濡れてもぐちゃぐちゃにならないし、グリップ操作も滑らない。

9mo5.jpg

足元は、やっぱり長靴が最強。
難点は、かさばる積載と暑さかな?

高速一区間では履き替えなくて、ゴアのライディングシューズは靴下ビチョビチョ。
靴下絞って乾かすと乾きは早いけど、運転中に足がピチャピチャするのはいただけない。

9mo6.jpg

構想通り日高富川ICから高速利用で小樽へ。
積丹方面でうに丼にありつこうと向かうが、道路がかなり混んでいる。
向かう先の雲も怪しい色になってきたんで、美国止まり。
海鮮丼で妥協した。

9mo4.jpg

雨から逃げるように小樽へ引き返す。
最終日は小樽グリーンホテルを予約済。
駐車場に停車してオドメータを確認。
走行距離53759km。
帰りの高速で54000kmは超える。
これまで走行系のトラブルなしは有難いし頼もしい。
まだまだ一緒に旅を楽しめそうだ。

9mo3.jpg

チェックインして、シャワーを浴びたら外は雨が降っていた。
今回は本館の6階、眺めがいい。
雨宿りしている人が写っているように、雨は降ったり止んだり。

9mo7.jpg

昨年は不発ぎみに終わった「俺の小樽」。
今回はお店の情報を検索済。
地元客が良く利用しているお店は花園地区らしい。
線路下のお店に突撃。

ゆったり目のカウンター席は、お一人様にピッタリ。
本日のお奨め生ウニ¥1500は、とろける美味しさ。
お通しの塩から?も凄く美味しいし、頼んだもの全てが満足。

9mo8.jpg

他にも銀むつのかま焼き,串焼きを頼んで、ビールは控えめで2杯。
アルコールよりも料理を堪能した。

9mo9.jpg

流石、小樽の地元客に人気の居酒屋。
ハイレベルでっす!
昨年の何となく感じた不満が解消。
利用するなら、地元の人気店だ。


この日のルート

スポンサーサイト

FC2Ad